専門看護師・認定看護師・認定看護管理者

感染管理認定看護師養成推進事業

感染管理認定看護師養成推進事業について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く中、感染症に関する専門的な知識と技術を持つ感染管理認定看護師が、感染対策の強化などにその高い能力を発揮し活躍しています。
本会では、2021年度から3年間(2021~2023年度)、以下の事業を行い、感染管理認定看護師の養成を推進します。

1.A課程認定看護師教育機関感染管理分野の定員数の増加に向けた支援
2.B課程認定看護師教育機関感染管理分野の新規開講に向けた支援
3.200床未満の医療機関等の感染管理認定看護師の配置推進に向けた支援

※感染管理認定看護師とは
本会が認定する教育機関で教育を受け、感染管理に必要な知識・技術を修得後、認定審査を受け認定された者です。
活動内容として、医療関連感染サーベイランスの実践、院内感染事例や防止対策の状況把握と指導、感染予防・管理システムの構築、院内研修などがあげられ、多くの感染管理認定看護師が院内感染制御チームのメンバーとして活躍しています。

※A課程認定看護師教育機関:特定行為研修を組み込んでいない教育機関
B課程認定看護師教育機関:特定行為研修を組み込んでいる教育機関

1.A課程認定看護師教育機関感染管理分野の定員数の増加に向けた支援

2021~2023年度の各教育課程の定員数増加とそれに伴う教員確保に向けた支援を行います。

1)定員数増加に向けた支援

  2020年度開講(または開講予定)時の定員数から15名以上増加した場合、助成金を支給します。

2)定員数増加に伴う教員確保に向けた支援

  感染管理認定看護師が複数在籍している医療機関に対し、教員としての出向を依頼します。
  感染管理認定看護師を教員として出向していただけた場合、医療機関に対し以下の支援を行います。
 ・助成金の支給
 ・日本看護協会看護研修学校・神戸研修センターにおける認定看護師を対象とした特定行為研修受講枠の提供(年間1枠)と
  受講費用の助成

2.B課程認定看護師教育機関感染管理分野の新規開講に向けた支援

B課程認定看護師教育機関感染管理分野の拡大に向け、2022~2023年度の新規開講とそれに伴う教員確保に向けた支援、本事業に関する説明会を開催します。

1)新規開講に向けた支援

  東海及び近畿地区において、B課程認定看護師教育機関感染管理分野を新規開講した場合、助成金を支給します。
  (各地区1機関、計2機関)

2)新規開講に伴う教員確保に向けた支援

  ①教育機関への支援
   教員確保費用として地域を問わず、助成金を支給します。

  ②出向元医療機関への支援
   感染管理認定看護師が複数在籍している医療機関に対し教員としての出向を依頼します。
   感染管理認定看護師を教員として出向していただけた場合、医療機関に対し以下の支援を行います。
   ・助成金の支給
   ・日本看護協会看護研修学校・神戸研修センターにおける認定看護師を対象とした特定行為研修受講枠の提供
   (年間1枠)と受講費用の助成

3)B課程認定看護師教育機関感染管理分野の新規開講に関する説明会の開催

日時
    2021年2月19日(金)14:00~15:30
開催方法 Web開催(Zoom)
対象
    B課程認定看護師教育機関感染管理分野の新規開講をご検討されている、またはご興味のある機関・施設のご担当者
プログラム
参加申込期日 2020年12月23日(水)
参加申込方法

B課程認定看護師教育機関 認定審査の流れ
※認定看護師教育機関認定審査の詳細は、こちらをご参照ください。
※本支援事業の詳細は、以下をご参照ください。

3.200床未満の医療機関等の感染管理認定看護師の配置促進に向けた支援

200床未満の医療機関及び介護施設における感染管理認定看護師の配置を推進するため、当該施設に勤務する看護師が認定看護師教育機関(感染管理分野)に入学する場合の受講費用の助成を行います。また、本事業の推進にあたり、認定看護師教育機関(感染管理分野)入学に係る実務研修内容の基準を見直しました。

1)認定看護師教育機関(感染管理分野)入学に係る受講費用の助成 (2021年度から3年間の継続事業です)

対象
    感染管理認定看護師が在籍していない200床未満の医療機関及び介護施設
    *本助成は、各施設に対して支給します。
申請条件 申請時点で、所属する看護師の2021年度認定看護師教育機関(感染管理分野)への入学が決定していること
募集件数
    50施設(定数を超えて応募があった場合は、選定基準に基づき総合的に審議の上、決定します)
申込期間 2021年3月1日~4月30日
募集要項・申請書
支給時期 2021年7月頃(予定)

※本助成事業のチラシは、こちらからご参照ください。

また、200床未満の医療機関等に所属する看護師の認定看護師教育機関(感染管理分野)への入学が可能となるよう、当該教育機関の入学要件である実務研修内容の基準を見直し、変更しました。変更後の実務研修内容の基準は、以下の通りです。

感染管理分野の実務研修内容の基準(変更後)
1)通算3年以上、感染管理に関わる活動実績(感染対策委員会、ICT、リンクナース会等)を有すること。
2)感染予防・管理等において自身が実施したケア等の改善実績を1事例以上有すること。
3)医療関連感染サーベイランス実施における一連の流れを理解していることが望ましい。
4)現在、医療施設等において、専任または兼任として感染管理に関わる活動に携わっていることが望ましい。

4.お問い合わせ先

日本看護協会認定部

メールアドレス:kansencn@nurse.or.jp

このページの先頭へ