専門看護師・認定看護師・認定看護管理者

審査に関するご案内 専門看護師

  • 専門看護師
  • 認定看護師
  • 認定看護管理者

お知らせ

NEW・重要 【2017年専門看護師 認定更新審査対象者のみなさまへ】(2017年2月17日)
2017年第17回専門看護師 認定更新審査の通知(ハガキ)を発送しました。
また、4月上旬に「認定更新の手引き」を本会ホームページに掲載する予定です。
掲載した際にはご登録のメールアドレスに通知いたしますので、『資格認定制度 審査・申請システム』 にご登録のメールアドレスの確認・更新をお願いいたします。

NEW・重要 【専門看護師 認定証等の発送について】(2017年2月8日)
2017年1月18日付、認定審査・更新審査・再認定審査の合格者へ認定証等を発送いたしました。
まだお手元に届いていない方は、お手数ですが認定部までご連絡ください。

NEW・重要【2016年専門看護師総数】(2016年12月9日)
2016年認定審査の新規認定者は200名、再認定者は5名です。
専門看護師総数は1,883名になりました。

NEW・重要 【2017年度認定審査の日程について】(2016年11月24日)
2017年度第27回専門看護師認定審査は2017年10月31日(火)に実施します。
詳細については2017年4月上旬以降掲載予定です。

重要 【2016年専門看護師 認定審査 よくあるご質問を掲載しました】(2016年7月13日)
2016年専門看護師認定審査に関するよくあるご質問について掲載しました。
審査申請にあたっては「認定審査の手引き」と合わせて十分ご確認いただき、お手続きください。
よくあるご質問はこちら

重要 【認定看護師】認定看護師の認定の取り消しについて(2013年12月16日)
本会は、2013年認定看護師認定更新審査において不正行為を行った感染管理認定看護師1名について、認定看護師規程第33条に基づき、12月13日付けで認定看護師の認定を取消しました。詳細はこちら

 

認定審査

日本看護協会は毎年1回、専門看護師認定審査を実施しています。審査に合格し、登録手続きをした方を専門看護師として認定しています。資格の有効期間は5年です。

受験資格の変更について重要

2014年 第24回専門看護師認定審査より、受験資格要件や審査方法を変更しました。詳細は、下記をご覧ください。

審査方法の変更について重要

受験資格

        次の1から3の資格をすべて満たしていなければなりません。

      • 日本国の看護師の免許を有すること
      • 日本看護系大学協議会専門看護師教育課程基準で指定された内容の科目単位を取得していること(以下の条件のいずれかを満たす者であること)
        • 1)看護系大学大学院修士課程修了者で、日本看護系大学協議会専門看護師教育課程基準の所定の単位を取得した者。
        • なお、看護系大学大学院修士課程修了者で日本看護系大学協議会専門看護師教育課程基準の所定の単位に満たない者は、必要単位をさらに取得するものとする。
        • 2)看護学以外の関連領域の大学院等を修了した者で、1)において必要単位をさらに取得した者。
        • 3)外国において1)から2)と同等以上の教育を受けたと認められた者
      • 専門看護師としての必要な実務研修があること
          • 2)次の各項に定める専門看護分野の実務研修をしていなければならない。
              • (1)専門看護分野における、個人、家族及び集団に対する直接的な看護実践。
              • (2)専門看護分野における、看護職を含むケア提供者に対するコンサルテーション。
              • (3)専門看護分野における、必要なケアが円滑に行われるための、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーショ
              • ン。
              • (4)専門看護分野における、個人、家族及び集団の権利を守るための、倫理的な問題や葛藤の解決をはかる倫理調整。
              • (5)専門看護分野における、ケアを向上させるための、看護者に対する研修会、研究指導及び講演会等での活動を含む
              • 多様な教育的機能。
              • (6)専門看護分野における、専門知識及び技術の向上並びに開発をはかるための実践の場における研究活動。
                • 3)専門看護師の認定審査を受験する者は、上記の条件を全て満足する者であり、現在、常勤、非常勤勤務を問わず実践
                • を行っていること。

申請方法

次の3つの手続きを全て行う。

                • WEB申請『資格認定制度 審査・申請システム』
                • 審査料振込:50,760円(税込)※消費税率8%への引き上げに伴い、2015年度の審査より上記金額に変更いたします。
                • 申請書類提出

審査方法

          • 一次審査:書類審査
          • 二次審査:看護実績報告書、筆記試験(論述式)
出題方式 配点 試験時間
問題1. 事例問題 100点 120分
問題2. 総合問題 100点

【参考】2016年 第26回専門看護師認定審査実施概要

筆記試験の日程 2016年11月1日(火)
スケジュール 9:00 開場
9:45 集合・オリエンテーション
10:00~12:00 筆記試験
筆記試験会場 ベルサール新宿グランド コンファレンスセンター(会場名をクリックすると会場案内をご覧いただけます。)
申請期間
1.Web申請『資格認定制度 審査・申請システム』 2016年7月12日(火)10:00~2016年7月21日(木)15:00
2.審査料振込
3.申請書類(オンライン)提出
4.申請書類(郵送)提出 2016年7月12日(火)~2016年7月28日(木)消印有効
5.看護実績報告書の提出 2016年7月12日(火)10:00~2016年8月31日(水)15:00
申請書類
申請画面

受験資格審査(コース外修了者の教育要件審査)

審査結果及び認定

審査合否は『資格認定制度 審査・申請システム』において発表します。

新規認定者一覧(所属都道府県名、氏名)は審査合否発表の1週間後から日本看護協会 公式ホームページで1か月間公表します。
認定審査不合格者に対し、審査結果の詳細を『資格認定制度 審査・申請システム』上で開示します。
認定審査合格者は、以下の専門看護師登録手続きを行ってください。
・認定料振込:50,760円(税込)※消費税率8%への引き上げに伴い、2015年度の審査より上記金額に変更いたします。
・『資格認定制度 審査・申請システム』での認定登録情報の確認、及び公開情報の登録
※認定登録手続きの前に所属施設ホームページや学会、研修会の資料等に資格名称を記載しないでください。

このページの先頭へ

 

更新審査

専門看護師のレベル保持のため認定更新制を施行しています。日本看護協会の認定を受けた専門看護師は、認定を受けてから5年ごとに更新審査を受けなければなりません。

更新審査受験資格

  • 日本国の看護師の免許を有すること
  • 申請時において、専門看護師であること
  • 申請時において、過去5年間に規定された看護実績、研究業績及び研修業績等を有していること
  • ※認定更新に必要な自己研鑽の実績は、『資格認定制度 審査・申請システム 研修実績及び研究業績等申告表』で随時ポ
  • イントの登録が可能ですので、ご利用ください。登録方法の詳細については『資格認定制度 審査・申請システム 操作方法』でご確認ください。

申請方法

以下の4つの手続きを全て行ってください。

  • 審査申請『資格認定制度 審査・申請システム』
  • 審査料振込:30,240円
  • オンライン書類提出
  • 申請書類提出
【2016年 第16回専門看護師認定更新審査実施概要】
対象者 2011(平成23)年に認定及び認定更新を受けた専門看護師

  • 過去に認定期間の延長が認められた者は、各自でご確認ください。
申請期間
1. 審査申請 2016年7月26日(火)10:00~2016年8月4日(木)15:00
2.審査料振込
3.申請書類(オンライン)提出 2016年7月26日(火)10:00~2016年8月4日(木)15:00
4.申請書類(郵送)送付 2016年7月26日(火)~2016年8月12日(金)(消印有効)
申請書類
申請画面

審査結果及び認定

審査合否は『資格認定制度 審査・申請システム』において発表します。

新規認定者一覧は合否発表後1か月間の掲載・公開期間

更新審査合格者は以下の認定看護管理者登録手続きを行ってください。
・認定料振込:20,520円
・『資格認定制度 審査・申請システム』での認定登録情報の確認、及び公開情報の登録
※認定更新審査不合格及び認定更新審査未申請の場合、同年12月末日で資格を失効します。
施設ホームページの専門看護師紹介等に掲載されている場合は、速やかに情報を削除してください。

このページの先頭へ

 

再認定審査

専門看護師の資格を喪失した方を対象に、再認定審査を実施します。

再認定審査受験資格

  • 日本国の看護師免許を有すること
  • 申請時において、過去5年間に規定された看護実績、研究業績及び研修業績等を有していること
  • ※認定更新に必要な自己研鑽の実績は、『資格認定制度 審査・申請システム 研修実績及び研究業績等申告表』で随時ポ
  • イントの登録が可能ですので、ご利用ください。登録方法の詳細については『資格認定制度 審査・申請システム 操作方法』でご確認ください。

申請方法

以下の4つの手続きを全て行ってください。

  • 審査申請『資格認定制度 審査・申請システム』
  • 審査料振込:30,240円
  • オンライン書類提出
  • 申請書類提出
【2016年 第8回専門看護師再認定審査実施概要】
対象者 専門看護師資格を喪失した者
申請期間
1. 審査申請 2016年7月26日(火)10:00~2016年8月4日(木)15:00
2.審査料振込
3.申請書類(オンライン)提出 2016年7月26日(火)10:00~2016年8月4日(木)15:00
4.申請書類(郵送)送付 2016年7月26日(火)~2016年8月12日(金)(消印有効)
申請書類
申請画面

審査結果及び認定

審査合否は『資格認定制度 審査・申請ステム』において発表します。
合格者は以下の認定看護管理者登録手続きを行ってください。
・認定料振込:20,520円
・『資格認定制度 審査・申請ステム』での認定登録情報の確認、及び公開情報の登録
※認定登録手続きの前に所属施設ホームページや学会、研修会の資料等に資格名称を記載しないでください。

このページの先頭へ