専門看護師・認定看護師・認定看護管理者

認定看護管理者

認定看護管理者(Certified Nurse Administrator)とは

制度の目的

認定看護管理者制度は、多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族及び地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスを提供することを目指し、看護管理者の資質と看護の水準の維持及び向上に寄与することにより、保健医療福祉に貢献します。

認定看護管理者 徽章

認定看護管理者とは本会認定看護管理者認定審査に合格し、管理者として優れた資質を持ち、創造的に組織を発展させることができる能力を有すると認められた者をいいます。

認定看護管理者になるには

認定看護管理者への道

日本国の看護師免許を有すること

看護師の免許取得後、実務経験が通算5年以上あること

  • 下記のいずれかの要件を満たすこと。
  • 要件1:認定看護管理者教育課程サードレベルを修了している者。
  • 要件2:看護系大学院において看護管理を専攻し修士号を取得して
  • いる者で、修士課程修了後の実務経験が3年以上ある者。
  • 要件3:師長以上の職位で管理経験が3年以上ある者で、看護系
  • 大学院において看護管理を専攻し修士号を取得している者。
  • 要件4:師長以上の職位で管理経験が3年以上ある者で、
  • 大学院において管理に関連する学問領域の修士号を取得
  • している者。
      認定看護管理者教育課程
        ファーストレベル:150時間
        セカンドレベル :180時間
        サードレベル :180時間

認定看護管理者カリキュラム基準

教育機関検索

教育機関別開講状況・定員数一覧

認定審査(書類審査及び筆記試験) 審査に関するご案内-認定審査

認定看護管理者認定証交付・登録 登録者一覧

5年ごとに更新(看護管理実践の実績と自己研鑽の実績等) 審査に関するご案内-更新審査

 

PDF版認定看護管理者への道はこちら

教育機関

認定看護管理者の教育課程はファーストレベル、セカンドレベル、サードレベルの3課程です。

各教育課程の受講要件は以下の通りです。

教育課程 受講要件
ファーストレベル
  1. 1.日本国の看護師免許を有する者。
  2. 2.看護師免許を取得後、実務経験が通算5年以上ある者。
  3. 3.管理的業務に関心があり、管理的業務に従事することを期待されている者。
セカンドレベル
  1. 1.日本国の看護師免許を有する者。
  2. 2.看護師免許を取得後、実務経験が通算5年以上ある者。
  3. 3.認定看護管理者教育課程ファーストレベルを修了している者。
  4.  または看護部長相当の職位にある者、もしくは副看護部長相当の職位に1年以上就いている者。
サードレベル
  1. 1.日本国の看護師免許を有する者。
  2. 2.看護師免許を取得後、実務経験が通算5年以上ある者。
  3. 3.認定看護管理者教育課程セカンドレベルを修了している者。
  4.  または看護部長相当の職位にある者、もしくは副看護部長相当の職位に1年以上就いている者。

登録者一覧

データでみる認定看護管理者

※「所属施設別登録者数」「病院勤務者所属部署別登録者数」「病院勤務者病床規模別登録者数」「特定機能病院・がん診療連携拠点病院・救命救急センター勤務者(延べ数)」がグラフと表で表示されます。
(「特定機能病院・がん診療連携拠点病院・救命救急センター勤務者(延べ数)」は表のみ)

活動状況調査等

ネットワークと連携

このページの先頭へ